成人矯正

大人の矯正治療 開始時期と期間

大人の矯正治療矯正治療というと子どもや若い世代の方のものというイメージを持っている方が多いのですが、骨や歯を含めた口内の状態が良好であれば何歳でも可能です。当院では50才、60才を過ぎた方の矯正もとても多くいらっしゃいますし、今は「人生100年時代」と言われていますので健康の為に食べ物を美味しく食べることはとても大切です。若い時期に矯正治療を受けると歯が動きやすいという傾向はありますが、60歳を超えても矯正治療で歯並びをきれいにすることが出来ます。逆に20歳前後でも口内の状態がよくなければ矯正治療は難しくなります。当院では、「歯並びを治したい」と患者様がお考えになった時が矯正治療のベストタイミングだと考えています。迷いや疑問などがございましたらご相談ください。
成人の歯列矯正の治療期間は歯並びの状態によって大きく変わりますが、平均して1年半から2年程度かかります。また、歯並びが整った後も、後戻りを防止するための期間が必要で、約2年間、リテーナーという固定装置を付けて、3ヶ月に1度のご来院が必要です。

部分矯正

歯並びで部分的に気になっている場所だけを治すため、治療にかかる期間や費用を大幅に抑えられます。部分矯正を行っても、かみ合わせ全体に大きな影響を与えないことが条件になります。軽微な不正歯列の矯正を行うものですから、出っ歯や1本だけ歯が重なっている、1ヶ所の隙間が気になるといった矯正に向いています。

ワイヤー矯正について

ワイヤー矯正について歯の表面にブラケットという装置を付け、ワイヤーを通して歯を少しずつ動かして正しい位置にしていく手法で、最も一般的な矯正治療です。
昔は金属のブラケットを使っていましたので目立ちやすかったのですが、現在はセラミック・透明なブラスチックといった素材を使うことで目立ちにくい治療が可能になっています。
最も多く行われてきた手法ですから、幅広い症例にきめ細かく合わせた治療法が確立しており、多くの状態の不正歯列を矯正できます。

マウスピース矯正について

マウスピース矯正についてマウスピースを装着して歯を動かす治療法です。透明で薄い素材ですから装着していることが周囲にわかりにくく、食事や歯ブラシの際にはご自分で簡単に取り外しができます。いくつかのマウスピースを付け替えていくことで歯全体を少しずつ動かせるため、矯正治療途中の歯科治療やホワイトニングなどの処置も受けることができます。また、ブラケットやワイヤーなどがないため、会話の際の違和感もほとんどありません。

セラミックを使った矯正について

矯正装置を付けずに歯並びを整える治療法です。顔のバランスや歯の色・形なども考慮して細部までこだわった審美性の高い矯正治療が可能です。もちろん、かみ合わせなどの機能性もしっかり構築します。装置を付ける従来の治療法に比べて短期間に治療できます。また、仮歯の段階でも審美性に配慮した治療を行っています。

インプラントを用いた矯正について

小さなインプラントを一時的に歯槽骨に埋入して、それを固定源に歯を動かします。インプラントといっても矯正用ですので麻酔は打ちますが数分で簡単に終わる処置です。一般的なインプラントのイメージとは別物です。1日24時間、歯に力をかけて動かせるため治療期間が短くなりますし、歯にかける力を最小限に抑えることができるので痛みも最小限に抑えられます。また目的の歯だけを動かせるため、確実で精度の高い結果を得られます。

一番上に戻る
TEL:04-2907-1188