インプラント治療

安全なインプラント治療のために

安全なインプラント治療のためにどれほど経験豊かな歯科医師であっても、レントゲン写真のみでは正確なインプラント埋入は望めません。レントゲンでは骨の厚み、骨にある空洞の位置やサイズ、神経や血管の位置などを正しく把握することはできません。こうした正確な情報がなければインプラントの種類やサイズを適切に決められませんし、埋入時の適切な位置、角度、深さもわからないのです。
当院では、歯科用CTとサージカルガイドを使った精密なインプラント治療を行っています。歯を支える顎の骨は複雑な形状をしていますから、それを立体として正確に把握するためには、CTで撮影した3Dデータが不可欠です。さらに、その画像をもとにコンピューターを用いて徹底的にシミュレーションして、緻密な治療計画を立て、サージカルガイドを利用することでシミュレーション通りの正確なインプラント埋入を確実に行うことができます。
当院の院長は国際インプラント学会認定医であり、これまで20年以上のインプラント治療を通じて治療後のトラブルはありません。今後も患者さまが安心してインプラント治療を受けていただけるよう、さらに高い安全性を求めて研鑽を続けていきたいと考えています。

痛みをご心配されている方へ

インプラントの手術は麻酔をして行いますので、手術中の痛みはありません。麻酔の効果は手術後、しばらくすると消えていきますから、それから少し痛みが出てきます。外科的な手術であれば必ず手術後の痛みはあるものですが、インプラント手術の場合は手術後の痛みは軽いと感じる方が多く、抜歯程度だとお考えいただくとわかりやすいと思います。
なお、麻酔が完全に切れる前にお渡しした痛み止めを飲んでいただくことで、痛みの強い時期を比較的楽に過ごせます。

クオリティの高い治療を受けるために

クオリティの高い治療を受けるためにインプラント治療を行っている歯科クリニックはかなり増えてきていますが、設備や技術レベルには大きな差があるため慎重にクリニックを選んでいただきたいと考えています。
経験は重要ですが埋入本数だけではその技術力は測れません。インプラント治療では、骨や歯肉の状態に合わせたクオリティの高い骨移植や歯ぐきの造成などが必要になるケースもありますので、幅広い症例をトータルに治療していることも見極めには重要なポイントになります。

一番上に戻る
TEL:04-2907-1188