ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて表面の着色汚れだけでなく、歯自体を白く、明るくするのがホワイトニングです。エナメル質に入り込んだ黄ばみの元である着色有機物を過酸化水素や過酸化尿素で分解するため、削る必要もなく歯に負担をかけません。
ホワイトニングには、クリニック内で処置を受けるオフィスホワイトニングと、ご自宅で好きな時間に行うことができるホームホワイトニングがあります。また、この2つを組み合わせて、より早く効果を実感できるデュアルホワイトニングも行っています。
安全にご希望の白さをかなえるために、当院では最初に口内を診査し、表面汚れを除去するなどの処置で口内の環境を整えてからホワイトニングを行っています。これにより、色むらも出にくくなります。

歯を白くする以外の効果

ホワイトニングに対して歯に悪いというイメージを持たれている方もいらっしゃいますが、今現在のホワイトニング薬剤は優れており、ホワイトニング中の歯周病予防や虫歯の抑制など歯にとって良い効果がとても多くございます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング歯科クリニックで受けるホワイトニングで、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を用いて行い、薬剤の働きを促進する特殊な光を当てるため、比較的短期間にご希望の白さを実現できます。最後にフッ素を塗布して知覚過敏を予防しますが、これはむし歯予防にも効果的です。

オフィスホワイトニングをおすすめしたい方

  • 結婚式や就活など、決まったスケジュールに合わせて歯を白くしたい方
  • ご自分で行うのにはご不安がある方

オフィスホワイトニングの流れ

Step1カウンセリング

カウンセリング歯の色をチェックして、ご希望の白さをうかがっていきます。

Step2歯のクリーニング 歯垢・歯石の除去

汚れが付着しているとムラになる可能性がありますので、歯の表面をすみずみまできれいにクリーニングします。

Step3歯の表面に薬剤ジェルを塗布

ホワイトニングの薬剤ジェルを歯の表面にむらなく、きれいに塗布します。

Step4特殊な光を照射

特殊な光を照射薬剤の効果を高める特殊な光を照射します。
ジェルの塗布と光の照射を数回繰り返します。

ホームホワイトニング

歯科クリニックでご自分の口内に合わせたマウスピース状のトレーを作り、ご自宅でそのトレーに薬剤を入れて装着し、歯を白くしていきます。トレーができた際に、使用方法や注意点などを丁寧に、わかりやすくお伝えしています。効果の出方には個人差がありますが、1日2時間の使用を約2週間続ける程度で効果をご実感いただけるケースが一般的です。ゆっくり白くなっていくため、周囲には自然に歯が白くなったように感じられます。オフィスホワイトニングのメンテナンスとして、色の後戻り防止や白さの維持目的に行うこともできます。また、ホームホワイトニングにはオフィスホワイトニング以上に続けると白くなります。

ホームホワイトニングをおすすめしたい方

  • ご自分のペースでホワイトニングをしたい方
  • 診療時間にはなかなかスケジュールが取れない方
  • オフィスホワイトニングで得た白さを長持ちさせたい方
  • オフィスホワイトニングよりも白くしたい方

ホームホワイトニングの流れ

Step1カウンセリング

歯の色をチェックして、ご希望の白さをうかがっていきます。

Step2トレーの作成

型を採取してトレーをお作りします。

Step3再来院

トレーと薬剤をお渡しして、使用方法や注意点をわかりやすくお伝えします。

Step4歯のクリーニング 歯垢・歯石の除去

汚れが付着しているとムラになる可能性がありますので、歯の表面をすみずみまできれいにクリーニングします。

Step5ご自宅でトレーと薬剤を用いてホワイトニング

お好きな時間にご自宅でホワイトニングを行います。

理想の白い歯を実現するデュアルホワイトニング

理想の白い歯を実現するデュアルホワイトニングデュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの長所を組み合わせることで、それぞれが持つデメリットをなくした理想のホワイトニングです。短期間に透明感のある白い歯を実現し、それを長持ちさせることができます。少し色戻りしてきたと感じたらホームホワイトニングで戻せるため、メンテナンスも楽に行えます。
オフィスホワイトニングでは、高濃度の薬剤と特殊な光を使って、主に外側を白くすることで内側の黄ばみを目立たなくしています。ホームホワイトニングでは、じっくり時間をかけて低濃度の薬剤を浸透させて内側の黄ばみを分解します。そのため、この2つのホワイトニングを組み合わせることで、効果的に、そして短期間で理想の白さを実現できるのです。
魅力的な白い歯はブリーチシェードと言われる色です。デュアルホワイトニングでは、このブリーチシェード以上をご希望される方に特におすすめできます。実現するのは、表面だけの不自然な白さではなく、透明感があって自然な白い歯です。 また、歯は部分的に白くなりやすい場所がありますが、デュアルホワイトニングは色むらのないきれいで均一な白さを実現できます。

歯が着色してしまう原因

歯は、加齢や飲食物などにより黄ばみを起こしますし、むし歯やその治療で神経を抜くなどすると黒ずんできます。

加齢

歯の表面にあるのは半透明の白いエナメル質です。これがあることで、透明感のある白い歯になります。歳を重ねるとエナメル質が摩耗して薄くなっていくため、内側の象牙質が透けて見えるようになって黄ばんで見えます。加齢で歯が黄ばむため、歯を白くすると若々しい印象になります。

飲食物

色素が歯の表面に沈着したものは「ステイン」と呼ばれています。歯はむし歯の原因菌が分泌する酸から自分を守るために表面にペリクルという薄い膜を張っていますが、これには色素が付着しやすいという特徴があります。コーヒー・紅茶・濃いお茶や抹茶、赤ワイン、チョコレート、ココア、カレー、トマトソースなど、ステインの原因にはさまざまなものがあります。色の濃い食べ物だけでなく、バナナなどにもステインの原因物質が多く含まれています。また、タバコもステインを沈着させる大きな原因になります。

むし歯

ごく初期のむし歯は表面のカルシウムが溶けだして脱灰し、部分的に白く濁って見えるホワイトスポットを発生させることがあります。進行すると茶色っぽくなっていき、むし歯の原因菌に侵された部分は黒に変色します。むし歯が神経まで進んでしまうと、根管治療で神経を抜きます。これによって歯は酸素や栄養素を受け取れなくなり、全体が黒ずんでいきます。

抗生物質

テトラサイクリン系の抗生物質は、骨や歯といった組織に沈着することがわかっており、長期間の服用により歯を変色させる副作用があります。特に胎児の時期や幼児期に大きな影響を受けることが多い傾向があります。

歯の白さを長く保つために

飲食後は口をゆすぎましょう

色の濃い飲食物やステインを多く含むものを口にした時には、丁寧に口をゆすいでください。

定期的なメンテナンス

3ヶ月に1度、歯科検診とプロケアのクリーニングを受け、表面の汚れを残さないようにしてください。

優しく丁寧な歯磨き

ゴシゴシ強く歯磨きをすると表面を傷付けて汚れがその奥に入ってしまうため、歯磨きは口をしっかりゆすいでから、優しく丁寧に行うようにしてください。
また、歯科クリニックでの検診の際に正しい歯磨きの指導を受け、ご自身の歯の状態に合わせた、歯ブラシの硬さ、歯磨き剤などを使うようにしてください。

審美歯科専門サイトはこちら
一番上に戻る
TEL:04-2907-1188