ブログ

2014.09.26

トラウマの患者さん

最近いらした20代の女性がいらっしゃいます。

今まで、歯科医院が怖くて10年ぐらい治療していないということです。

下の奥歯は虫歯が進行してほとんど残すことができません。

患者様と相談して残念ながら抜くことにしました。

今は普通に麻酔をして普通に治療しています。

以前は恐怖心があり治療ができなかったとはにわかに信じられません。

少し不思議に思い、「以前はどうして恐怖心があったのですか?」と聞いたら、

10年前に行った歯科医院が、麻酔が効いてなくて痛いと言っているのに、

無理やり歯を抜いたりされ、すごく痛かったそうです。

それから10年間、虫歯で歯がものすごく痛くなっても

我慢して神経が死ぬまでじっと耐えたそうです。

神経が死ぬと神経が腐るので、そのあと腫れてきますが、それも我慢したそうです。

虫歯が進行して神経までいった痛みは、普通は我慢できる痛みではないはずです。

それを我慢するなんて相当なトラウマだったんだと思います。

今回受診する際も相当な覚悟が必要だったみたいですが、

今は普通に通えるようになったと言っていました。

しかし、この10年間で悪くした歯の代償は大きいです。

20代なのに入れ歯を入れるしか治療がなくなってしまいました。

今まで歯科治療にトラウマを持っている患者さんを診てきましたが、

そのあとは治療に行けず皆さん悲惨な思いをしています。

歯科医師は肝に銘じて治療に当たらなければと思います。

これから、夜中まで教授を囲んだ勉強会です。

また、知識を蓄えてきます。

今日の自分よりも、明日の自分の方が進歩できるように今日もベストを尽くします。

初めてあいり歯科クリニックに来られる患者さんで、痛みがない人は、余裕を持って予約を取ることをお勧め致します。

一番上に戻る
TEL:04-2907-1188